有機的建築とは

自然と溶け合う有機的建築

「まさに自然の中に溶け入るように、しっくりと納まるように、そしてその地の風景、その地の生命のリズムを乱さぬように建物を建てるべきだ」建築家フランク・ロイド・ライトは、位置・方向・大きさ・高さまで配慮して設計デザインをすべきだとの言葉を残しています。
自然と溶け合う、ゆたかな住まいのために。

有機的建築とはAbout organic architecture

「なぜ、木はこんな形なんだろう。どうして花はこんな形をしているのだろう。」

動植物、海中陸上の別を問わず、生物は各々の環境で生きていくために、自らの形を変化させてきました。逆に言うと、今私たちが目にすることが出来るのは、環境に適応することが出来た生き物だけです。 それは、美しく、一見儚くも見える百合の花や海の貝殻にも言えることです。 環境に適応した生物の形は無駄が無く、何十年、何百年経とうと美しさを保っています。 つまり、これらのデザインは、流行とは関係の無い普遍的な形なのです。

有機的建築とは、『普遍的な形を持っている自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするデザイン』の重要性を唱えた建築家フランク・ロイド・ライトの住まいに対する考え方です。 だからこそ、その理念に従ってデザインされた数多くの住宅は、建築後百年の時を越えた今も大切に住み継がれているのです。

  • お問い合わせ

    Contact

  • 来店予約 来店予約の方限定でクオカード500円分をプレゼント

    資料請求 オーガニックハウスの詳しい内容が分かる資料を無料でお届けします